病院での一日

病院での日常生活は、概ね次のようなものです。

起床:AM6:00
四人部屋のため、あまりよい睡眠環境ではありません。
イビキや寝言は無論のこと、おむつ替えなどもあり音と匂いが気になりぐっすりと熟睡などは期待できません。
4時か5時頃には目をつむっても眠られなくなり、6時になれば退屈なので起きてしまいます。
朝食は8時頃なので、お腹は空くし、退屈なため、一階の待合フロアにある冷凍食品自販機で買い食いをします。
この自販機は焼きそば、炒飯、たこ焼き、焼きおにぎり、フライドポテトなどが暖かい状態で食べられます。
本体は大きな冷凍庫と思われますが、冷凍庫に電子レンジが格納してあり、選んだ商品を電子レンジで自動的に温めてくれ食べられる優れた機械です。
なかでも、焼きそばとたこ焼きは巷の屋台で売られているものより美味しいかもしれません。
この冷凍食品で小腹を満たした後は、管内の散歩です。
入院中はほとんど運動をしないため、体力維持のための管内散歩は欠かすことが出来ません。
管内散歩は主に階段を使います。
階段は1階から屋上8階まであります。
これを2往復します。
何故2往復なのか?2往復すると体重が100グラム減るのです。
これは病院の高性能体重計で計って調べたものです。
足はかなり鍛えられます。

朝食:AM8;00
この時間ではさすがにお腹が空きます。
病院食は薄味で、濃い味が好きな方には物足らないと思います。私は薄味が好きなので、病院食の味付けは全く問題がありません。

昼食:PM12:00
上げ前据え膳の極めつけが病院食です。看護士さんがベットまで食事を運んでくれます。

夕食:PM18:00
昼食~夕食の間は退屈極まりない時間です。この間は寝る、本を読む、テレビを見るで時間を過ごします。
4時から始まる「水戸黄門」再放送は、見続けるうちに日課となってしまいました。
印籠を出すパターンは昔と全く変わりません。
今(2016年1月)は里見浩太朗が水戸黄門役です。

就寝:21:00
夜はテレビを見て過ごすことが多いのですが、就寝時間が21:00なので、20:00頃から床に入りウトウトしてしまいます。

深夜
深夜は夜勤の看護士さんがせわしなく動きます。点滴交換、オムツ交換、診療記録など仕事が山積みです。
夜の9時から翌朝9時までの勤務で朝は体温、血圧、引き継ぎなどの仕事を終えて家に帰ります。
夜勤明けの次の日はお休みだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です