タイムラプス(Time Lapse)・インターバル撮影・微速度撮影は定点撮影が基本

タイムラプス(Time Lapse)・インターバル撮影は定点撮影が基本
露出は一定に、オートフォーカスは厳禁。手触れ機能はOFFにする。

■インターバル撮影に必要なもの

●  カメラ  一眼レフカメラ・昼間の撮影であればコンパクトデジタルカメラでも良い
●  三脚  風などでカメラが揺れるので頑丈なものが良い
●  レリーズ  直接シャッターを押しても良いが撮影した写真がブレる可能性がある
●  時計  一定間隔で撮影するため必要

■インターバル撮影の注意点

●  バッテリーはフル充電のものを使用
   撮影は長時間になります。撮影途中で電池切れにならないようにフル充電のものを使用します。また予備のバッテリーも必要になります
●  記録メディアは容量の大きいものを使用する
一秒間隔で一時間撮影すると3600枚になります。このため記録メディアは容量の大きなものが必要です ●  記録する画像サイズはMサイズにする
動画で使用するならば大きなサイズの画像は必要ありません。サイズは1920×1080 ピクセル以上あれば充分です。Mサイズであればメディアへの記録枚数が増えます
●  ピント合わせはマニュアルフォーカス(MF)が基本
インターバル撮影ではピントをオートフォーカス(AF)にすると撮影のたびにピントを合わせます。このためAFが決まらない時がありピンボケになります。構図を決めたらピントを合わせテープなどでピントリングを止めておきます) ●  露出はマニュアルか露出優先AVを選択し一定の露出を保つ
自動露出にはしないようにします。露出が一定でないと動画にした場合 に画面がチラつきます ●  ホワイトバランスはオートにしない。
   ホワイトバランスはオートにしないようにします。ホワイトバランスをオートにするとピントと同じくカメラが撮影のたびに ホワイトバランスを測定するため画像の色が一定しません。このため撮影前に天候に合ったホワイトバランスを選択しておきます。
●  長時間露光ノイズ低減はOFFにする
カメラが長時間露光ノイズ低減の設定ができるようであればOFFにします。これがONになっていると この処理のため撮影時間と同等の処理時間が必要になります。一定間隔の撮影が不可能になります。

■インターバル撮影の方法

1、三脚をしっかりと固定しカメラを取り付ける

三脚はグラつかないように安定した場所にしっかりと固定します。

カメラをしっかりとセットして水平をとります。

2、構図を決めてピントを合わせる。

被写体の動きを予測して構図を決めます。マニュアル操作でピントを合わせます。 オートフォーカスAFは厳禁です。また、三脚に固定するためIS手ブレ補正機能はOFFにします、ONの状態ではピントが甘くなります。 ※写真はカメラとパソコンを接続し、付属ソフト(Utility&ライブビュー)によりピントを合わせています。

ピントがしっかりと合っていることを確認したら、 テープ(絶縁テープが最適)でピントリングを固定します。

3、一定間隔でシャッターを切る。

露出はAVモード(露出優先)かMモード(マニュアル)で一定の露出を選択します。 シャッタースピードはカメラ任せですと最長30秒が限度になります。もしシャッタースピードが30秒以上になる時はISO感度を上げて 調整します。 シャッターボタンには直接触れないように、レリーズでシャッター操作をします。

時計を見ながら一定間隔でシャッターを切ります。
とても退屈な時間ですがひたすらシャッターを押し続けます。
※撮影が長時間に及ぶ場合はタイーマ付きレリーズをお勧めします。

タイマー付きレリーズ各種